津軽まちあるき

ホーム

ホーム > 708.どてまち さんぽ

#708

土手町を味わうまちあるき

どてまち さんぽ

土手町を味わうまちあるき

弘前城築城とともにつくられた土手町。江戸から明治、そして今に至るまで弘前の歴史とともに歩んできたまちをめぐります。
蓬莱橋の名前の由来は?江戸時代の土手町の役割、明治期の蓬莱橋かけ替え時のにぎわい、スクランブル交差点、韓国ドラマロケ。。。
ねぷたまつりのメインストリート土手町を味わうまちあるき。

【行程】13:00~15:30
13:00 まちなか情報センター → 中土手町 → 昇天教会 → 平山萬年堂 → 坂本町 → 蓬莱橋 → 下土手町 → 一番町 → 解散 15:30


【ガイド】 前田優子さん


【~参加されるお客様へのお願い~】

感染防止のため、以下ご協力頂きますようお願い申し上げます。
●身体的距離を保つため少人数での開催(定員15名)となります。
 ツアー中もガイドと参加者間、参加者同士の距離を保ってのご案内をさせて
 いただきます。
●マスクをご着用での参加をお願いいたします。
●消毒液を準備いたしますので、参加の際には消毒の励行をお願いいたします。
●発熱(37・5度以上)など体調不良がある参加者は、参加をお控えいただくようお願いいたします。
尚、ツアー当日も受付時にスタッフが参加者の検温(非接触式電子温度計)を実施いたします。

開催日・開催期間 2022年 8月1日(月)・8月2日(火)
開催時間 13:00 ~ 15:30
旅行代金 お一人様 3,500円(スイーツ付)
移動方法 徒歩
募集人員 6名 [最少催行人1名]
予 約 このコースを予約する


3日前までに 当HPから要予約

ガイドから一言

ガイド

このコースに含まれるスポット

ルート・日程



このコースを予約する 3日前までに 当HPから要予約
ページトップへ