津軽まちあるき予約サイト[Tsugaru Guide Tour]

ホーム

ホーム > 16.弘前城の裏鬼門・禅林街界隈と坐禅体験

#016

弘前藩の歴史を訪ねて

弘前城の裏鬼門・禅林街界隈と坐禅体験

お寺がずらり!英気を養うヒーリング体験

曹洞宗33か寺がずらりと立ち並ぶ“禅林街”には出城の機能を併せ持った、津軽藩ゆかりの寺院やスポットがたくさん残る場所。
杉並木が立ち並ぶ、厳かな雰囲気を散策していると不思議と心が落ち着きます。

途中立ち寄る寺院にて、心静かにただひたすらに坐る坐禅体験を。
日常を忘れ、無我の境地へ導かれてみては。


ガイド:弘前観光ボランティアガイドの会

坐禅体験のみのご希望はこちらをご覧ください。

開催日・開催期間 2017年7月2日(日)
開催時間 13:00~16:00 [約3時間]
旅行代金 お一人様1,500円
移動方法 徒歩
募集人員 20名 [最少催行人員2名]
予 約 このコースを予約する


参加日の7日前までインターネットかお電話で。 [お申込み期間延長!~6/29まで受付中★]

ガイドから一言

ガイド

弘前をこよなく愛し、その中でも禅林街に一層の思い入れを持つボランティアガイドが心をこめてご案内いたします!
400年前二代藩主・津軽信枚が城の西南の守りとして曹洞宗33の寺を集めて作った寺院街は、そびえ立つ大杉の並木のもとにその偉容を変わることなく今に伝えております。

各寺々の佛像や素晴らしい襖絵などを拝観した後は坐禅の体験を。
とかく気忙しい日常ですが、少しの時間、向き合ってみてはいかがでしょう。

このコースに含まれるスポット

ルート・日程



このコースを予約する 参加日の7日前までインターネットかお電話で。

[お申込み期間延長!~6/29まで受付中★]

ページトップへ